近々行く予定もないのに富山を計画。意外な悪知恵を思いつく

泥沼に入っております。駅メモはまたまたまた新でんこと新イベントですが、もう無視を決め込んでおります。本当はチコ、マコ姉妹とヤコに会いに行きたいくせにタイミングを逃しております。今日はもう出かけることはないはずです。今回のイベントはスルーでも良いかなと。ちょっと期間が短いし。


富山ですよ。ここにまずどのようにエントリーするのか。高速バスは夜行と昼行で料金がかなり違う。水曜、木曜なら1800円くらいからある夜行に対して昼だと+3000円くらいになる。土日縛りがあるかもしれない、お得なきっぷの使い方にも影響が出てきますね。しかも、来月の値段をみると夜行でも軒並み3000円以上。難しい。早く予約すれば安いというわけでもないのか。二週間以内の売れ残りが安くなっているということのよう。それほど需要のある路線ではないから仕方がないです。私は金沢へ夜行バスで行き、富山から帰ってきたことが一度あります。その他は青春18使用ばかりです。

15072.jpg

夜行バスだと、もう殆ど着後すぐに駅メモスタートになります。すると、東からスタートしたルートも再検討が必要に。しかも高岡着だったり、富山着だったり、5時着だったり、6時半着だったり、全部バラバラ。はぁーーー、もうやめた! めんどくさ過ぎる。


教訓として、県ごとの乗り潰し計画を立てるのには準備事項がある、ということを肝に銘じておきたいです。

・エントリーポイントを固定する

・それには関東からの交通手段を知る

・さらに現地のネットカフェの有無、無ければ代替の安いホテル・旅館の情報が必要


高速バスで富山に降りるという前提だと、西から攻めるコースになってしまう。ただ、ここで悪知恵がピカーン✨。「高速バスは確か富山から糸魚川まで日本海側走ったので(正確には直江津まで北陸道を走る。休憩所が糸魚川だったのでそう記憶しているのかと。上越JCTまで上越道、藤岡で関越道、これが北陸行の高速バスのルートのよう)、朝、富山に向かう場合、富山までの東側の駅はかなり取れるんでねぇか?」。おおお、これ使える! 我ながらナイスアイディア。明るくなってればスマホいじってても迷惑にはならん。もう周りもごそごそ起き始めてる頃。この間にどれだけ駅を取れるかに、その日の予定はかかっている。富山地鉄は乗っておこうと思いますよ。1日パスがあるので、トロッコ列車は冬季は休業しているのか、ホームページに時刻表出てこない。なんでだ? ということでこれはもうレーダーで処理。いろはさんじゃないけど、「高速バスから東側の駅が全部とれちゃったらどうしよう」と不安になりますねぇ。もう細かいルート計画なぞ不要だ。立山方面は乗る必要があるでしょうが、宇奈月方面は省略可能なんでは? あれ、いっそのこと高速バスで高岡まで行けば、殆ど富山の西の外れ、実は実乗車不要なんでは??? 高山本線も立山まで富山地鉄に乗るならばレーダー取得可能。


これこそが貧者の駅メモだ。費用0でこんだけ楽しめるなんて、なんて素敵なんだ。


要は高速バス利用で鉄道路線の実乗車を可能な限り減らす。これに尽きるかと。するとMO富山全駅1日チェックインも可能かもしれません!!! あー、やはり計画こそ喜びだ。


「あいの風とやま鉄道」、名前は実に洒落た風ですが、キラキラ鉄道会社名。ホンネを言えばあまり乗りたくないのでありますよ。そう、本当はそんな列車乗りたくもない!!! そんなの少し前まで単なる北陸本線だろと。何か非常にいやったらしい感じがするのですよ。日本海ひすいラインとか。そんなん、日本海ひさんラインじゃないのか、とか。


いける。多分、いける。関東から高速バスで富山入りすればMO富山1日で行ける。その日は高岡のネットカフェにこもり、翌日から石川、福井と攻めていけば良い。石川は難易度低そうな気もするので、福井をどんだけ消化できるかがカギかと。ということで、次は石川の計画です。

この記事へのコメント